So-net無料ブログ作成
検索選択

阪大病院で輸血ミス、B型女性にO型…死亡(読売新聞)

 大阪大病院大阪府吹田市)は8日、救急搬送されてきた60歳代の女性に血液型の違う血液成分を投与するミスがあり、患者はその後死亡したと発表した。

 病院によると、女性は重いけがを負い、意識不明の状態で搬送された。大量に出血して血液が固まりにくい状態だったため、赤血球製剤と、新鮮凍結血漿(けっしょう)を投与。女性はB型だったが、新鮮凍結血漿は、別の患者に用意していたO型のものを誤って使い、女性は病院到着から5時間後に死亡した。両方を一緒に解凍し、投与直前の確認を怠っていたという。

 病院側は「治療中、3回の心停止を起こすなど重い症状だった。投与は明らかなエラーだが、死亡との因果関係はないと考えている」と話している。

<障害者自立支援>「1割負担訴訟」旭川地裁で和解成立(毎日新聞)
「奥西死刑囚の釈放を」=支援者ら要請、名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
<将棋>清水女流王位・女流王将が秋にコンピューターと対戦(毎日新聞)
「諸般の事情に鑑み」お役所言葉改めます(読売新聞)
<自立援助ホーム>「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。