So-net無料ブログ作成

<遠藤周作>未発表小説発見 「サディズム」テーマに(毎日新聞)

 「海と毒薬」などで知られる作家、遠藤周作(1923〜96)の未発表とみられる小説の草稿が、長崎市の市遠藤周作文学館で見つかった。「われら此處(ここ)より遠きものへ」と題し、B5判のノートに約80ページにわたって書かれていた。

 文学館所蔵の資料の中で、学芸員が08年3月に発見した。第二次大戦後のフランスのリヨンを舞台に、日本人留学生と、秘密警察に迫害された黒人学生の物語が展開される。

 「海と毒薬」(57年発表)と「沈黙」(66年発表)との間に当たる58年に書かれ、遠藤が日記に「サディズムを現代の悲劇にうかびあがらせる」と記していたことも分かった。

 遠藤の元弟子で、文芸雑誌「三田文学」の加藤宗哉編集長は「遠藤氏の問題意識の出発点を探ることができるのでは。貴重な研究資料になると思う」と話している。草稿は5月22日から文学館で展示される。【釣田祐喜】

【関連ニュース】
ネスカフェ:24年ぶり「違いがわかる男」は誰? 3人に賞金100万円キャンペーン

<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
普天間問題 徳之島3町長は官房長官との会談拒否(産経新聞)
渡部恒三氏 「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)
財源捻出は期待薄=事業「廃止」、小粒が大半−事業仕分け第2弾(時事通信)
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。